昭和54年生まれの男性は今年本厄とのことで本村神明社の夏越大祓祭にお伺いいたしました。 先日、誕生日を迎えたばかりで、数え年でなくつい満年齢で書いてしまいましたが、神様は我を救いたもうのでしょうか。 「神は細部に宿る」の精神を改めて大切にしなながら日々精進してまいります。

皆様から多くのお誕生日祝いのメッセージを頂きまして、誠にありがとうございます。 コロナ禍で多くの大切な命が失われた中、今日という日を無事に迎えられたことをありがたく思うと共に、両親はじめ家族仲間全てに心から感謝したいと思います。 1979年生まれは小野伸二さんら黄金世代と言われた名選手達と同世代になります。...

今日は会合参加直前まで、車中からウェブ勉強会に参加しています。 ICTの発達によって、時間と場所の制約から開放され、主体的に学びの場を広げることが出来ます。 一方で、「人は人でしか磨けない」の言葉の通り、子どもたちが学校に集い、先生も直接子供の目を見て指導することも欠かせません。...

今度はヒアリの再来。 教訓を活かし、水際で食い止める事が本当に大切。
新型コロナ収束を願い、若葉台公園他各地で花火の大輪。 犠牲者の方への鎮魂と医療従事者へのエールを込めて。
新年度は文教委員会の所属となりました。 「WITHコロナの時代で学校教育はどうあるべきか」は県政の中でも大変重要なテーマです。 集団生活を学ぶ場でもある学校で密は避けられず、校歌斉唱ひとつとってもリスクと隣りあわせですが、子どもファーストで新しいカタチを模索していかねばなりません。...
【6億超のカジノ予算は新型コロナ感染症対策へ!】 米ラスベガス・サンズが日本IR進出を断念との報道。 時計も窓もない密室で、密集・密接の中、賭博を行うIRカジノは横浜に必要ありません。 すでに計上されている6億超のカジノ関連予算も、命を守る新型コロナ感染症対策へと回すべきです。
岐阜新聞さんの企画。フィジカル・ディスタンス2メートルの距離から新聞(原寸)を見直すとメッセージが浮かび上がる。秀逸なアイデア。 私自身も新聞は電子版と併読しており、書籍もKindleに移行しつつありますが、ステイホーム期間の読書で改めて紙文化の良さを感じます。 「自分が感銘を受けた本をシェアして読んでもらう」のはアナログの方が手軽。...

地元、旭区さちが丘での事件。 様々な視点で考えさせられました。 ●不動産内覧中に案内していた女性が突然刺されるという無差別殺人未遂事件。事件当日は犯人が捕まっておらず、地域は騒然に。一歩も外に出れない、という恐怖感。...
令和2年度4月補正予算が神奈川県議会において可決されました。 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、「神奈川県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」が創設され、本日より6月1日までの間、申請受付が開始されました。

さらに表示する